漏水の修理

水を使用していないのに水道メーターのパイロットが回っている場合は漏水の可能性があります

 

下の写真の矢印がパイロットです

 

 

 

 

 

 

建物外部で漏水している場所を探すのはなかなか大変な作業

 

水道局にある給水装置図面と現況をみて、給水管を切断する箇所を決めます

 

切断をし水を止めた箇所と水道メーターの間で圧をかけてみて低下するようなら、この間で漏水していることが分かります

 

 

 

 

 

 

 

範囲が特定できたら、次は一番漏水が起こりやすい水道管の接続部分を探します

 

下の写真に写っているワイヤー状の物を切断した部分から入れ、伸ばして行った時の感覚で接続箇所を見つけます

 

まさに職人技

 

反応のあった位置でワイヤーに印をつけ撤去、今度は地上でワイヤーを伸ばして行きます

 

 

 

 

 

 

すると、散水栓の位置とピッタリ!

 

水受けのパンが設置されていたのでコンクリートを斫りながら撤去

 

接続部分の鉄が錆びていて水が漏れていました

 

二ヶ月間で約4000リットルの水がここから…

 

 

 

 

 

 

 

接続部分を取り替え、散水栓とパンを元通りに設置してモルタルで補修

 

水道メーターのパイロットが回っていないことを確認

 

これで完成です

 

知識と経験と技術がないと出来ない作業だと思います