【ヒートショック対策】脱衣室・浴室断熱リフォーム

 

 

 

入浴中の事故死者数は年間1万7千人というデータがあります

 

交通事故死者数の4倍以上

 

中でも冬場のヒートショックによる死因がとても多いです

 

タイル張りの在来浴室はユニットバスと比べ、お湯の設定温度が高いと言われていますが

 

寒い脱衣室で服を脱ぎ、急いで熱いお湯に入る

 

そうすると、一気に血流がよくなり意識を失ってしまい溺死ケースも

 

お風呂に入りながらついつい寝てしまった経験のある方も、実は要注意だったりします

 

消費者庁ではヒートショックの対策として、『お湯の温度は41度以下、お湯につかる時間は10分までを目安に!』と呼び掛けています

 

今年の冬に向けて、お湯が41度以下でも寒くない浴室・脱衣室の断熱リフォームをおすすめします

 

気軽にお問合せください